カメリア養蜂プロジェクト定期メンテナンス(2回目)

6月14日(水)、前回の採蜜から約一週間2度目の巣箱の内見作業が行われました。
採蜜後初の内見とあって、どれだけ蜜が溜まっているかまた、どれだけミツバチが増えているか興味深々です。

00-2012061401

前回の採蜜前に行った内見時に発見できなかった女王蜂… 変性大台(何らかの原因で女王蜂がいなくなった時、

働き蜂達が生後1日~3日目の幼虫を女王蜂として育てる緊急女王蜂育成カプセル。)

が作られていることから何らかの原因でお亡くなりになったご様子…

今回は新女王蜂誕生に期待して変性大台を探してみます。

00-2012061402

見事、変性大台の口は開いており女王蜂が誕生した様子でした!! しかし、肝心の女王蜂が見つかりません…

新たな変性大台が作られていなかったので 「おそらく外出でもしてるんでしょ!」と担当者。

無事に巣箱まで戻ってきてくれることを祈るばかりです。
00-2012061403

今回の内見の結果、女王蜂が健在の巣箱は順調にミツバチの数も増えており隙間なくぎっしりとした感じで、一方、

女王蜂が不在になってしまった巣箱は前回の内見時とあまり変わってない様子でした…新女王蜂の働きに期待して、

次回内見を待ちます。