7月17日、カンボジア・チャリティー・イベント

7月17日 在日カンボジア留学生協会(CSAJ)が主催するチャリティーイベントが東京都目黒区にある駒場国際交流会館で開催されました。
cambo02-1
参加者のほとんどがカンボジア留学生で、若いパワーで会場は熱気ムンムン。
熱気で汗の滴るなか、カンボジアの民族踊りや、唄、楽器演奏、料理など軽くカルチャーショックを受けてまいりました。
cambo00-2
イベントには、在日カンボジア王国大使館一等書記官のシムヴィリャ氏やタイ国立チェラロンコーン大学・トゥラキットパンディット大学客員教授総合教育研究所所長の江藤賢一氏も参加され、大変和やかな中でイベントが行われました。

●Sim Vireak (シム・ヴィリャ)(在日本国カンボジア王国大使館、一等書記官)
cambo01-3
1981年プノンペン生まれ。2005年一橋大学法学部国際関係学科卒業。2007年東京大学法学政治学研究科(国際政治専攻)修了。修士論文:「円借款再開と日本・カンボジア二国間関係」2007年カンボジア外務国際協力省入省。2010年6月より在日本国カンボジア王国大使館、一等書記官。好きな日本語「道」「一生懸命」/好きな日本料理 そば/趣味 映画鑑賞、サッカー、バスケ/将来の夢 カンボジアが地雷と内戦のイメージから脱皮すること。

cambo05-4
カンボジアの木管楽器の演奏や、伝統舞踊、民族歌などが盛大に披露されました。
cambo06-5
カンボジアの伝統料理。ココナッツミルク風味の素麺をベースにしたユニークなカレーや、エビとピーマンのカンボジア風酢の物、とても甘いカンボジア風の餅など、どの料理も独特な味でとても美味しかったです。
cambo03-6
湖山医療福祉グループとして募金をさせていただきました。
cambo04-7
在日カンボジア留学生協会幹事の皆様方との記念写真。